汗をかくと自律神経が刺激される

0
     
    昨日仕事で、菊名のある会社に行ってきたtokutakeです。


    昨日は急に春になったかのように今までと比べて暖かく昼間はコートもいらないくらいでした。

    15時の商談に駒沢のほうから45分前に出てギリギリ間に合いました。

    多少あせっていたのもありますが、着いたオフィスがやけに暖かく、

    商談ルームで待っている間、じわーと額から汗が出てきました。


    額から汗を掻いたのが何かとてつもなく久しぶりな気がします。

    腰のほうから血流が良くなって全身に温かい血液が回るのが良く分かります。

    また数日前から感じていたある違和感も取れてきました。


    それは上半身と下半身が分離しているかのような違和感でした。

    上半身でアンウォーの形を取り、下半身は1番ポジションにしてもなにか上と下が直結していなく、腰の辺りで分断されている感じです。

    上は上の神経、下は下の神経がそれぞれ独立しているような感覚。

    風邪を引いているのかもしれませんが上と下がバラバラな感じが凄くしていました。


    それが昨日、額から汗が流れているのを気づいた瞬間

    つながった!

    と直感しました。


    手と足の命令が同時に行われるというか、シナプスが上半身と下半身とで平等の速さで伝達するようなそんな感じです。

    身体の全身の細胞の感触が敏感になるよう状態。


    汗を掻くとここまで身体の細胞が敏感になり、神経の伝達が早くなるということは、今までは伝達に乱れがあったなということでした。

    そして、もっと汗を掻いて自律神経を活発にしたい、基礎代謝を上げたいと強く思いました。

    小山先生は、人と比べてダントツに早く汗を掻くそうです。

    寒いなと思っても、ちょっと動くと汗ばむくらい新陳代謝がよいそうです。

    凄いことですね。

    風邪をほぼ引かない秘密が分かった気がしました。


    この身体の状態にすべく週1回の運動をもっと増やそうと思います。



    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM