奥多摩へ癒しを求めたハズが…!(軍畑から高水山へ)

0

    日ごろの疲れを癒そうと、友人とシルバーウィークに奥多摩に行ってきたtokutakeです。

    夏休みにゆっくり休んだはずですが、それまでの疲れはやっぱり溜まっていてシルバーウィークには自然に触れたい!と強く思っておりました。

    友人と行ったことがない三浦海岸で海軍カレーでもゆっくり食べて過ごすか、山にするか相談しました。
    疲れが取れるほうが良いなぁと言う私に、友人がお勧めの癒しスポットがあるというようなことを言うので、友人お勧めの「高水山」という奥多摩の山に行くことになりました。

    私もはっきりと「体力的」にも疲れているからと言えば良かったのですが、、、まさかこのようなことになるとは知る由もありませんでした^_^;。

    この時はひと気がいない山の中でシートでも敷いて、ごろ寝できる〜と一人ウキウキしておりました。

    場所もJR青梅線の「軍畑(いくさばた)」というので、以前御岳山に行った時の記憶を思い出し「ああ、誰も降りないようなマイナーな駅ね」とますます「穴場的スポット」の想像を膨らませていたのです。

    9:30にJR中野駅から立川へ、青梅線に乗り換え青梅下車、さらに青梅線の奥多摩行きに乗り換えていざ「軍畑」に到着。

    この間、ざっと1時間半です。

    予想以上に軍畑で降りる人がいるので驚きです。御岳山のほうに行くのでしょうか。とにかく高水山を目指す人は私たち以外にいません。

    この時も、いよいよこのルートが穴場であることを確信し、高水山を知っていた友人に感謝しました。

    私の想像では、10分も歩けば到着し、1周3kmくらいで40分も歩けばゴールできるようなルートでした。



    まわりには山々と民家、川、畑があり、廃墟になってしまった工場などすべてが時間の流れがゆっくりであることを感じさせてくれます。

    ところが、、、10分歩いても20分歩いても山のスタート地点に到着しません。

    しかも普通のコンクリの歩道ですので、まわりはのどかで良いのですが、いかんせんテンションがあがりません。

    30分くらいでようやくスタート地点にたどり着きました。

    スタート直後から物凄い急勾配が続きます。

    どのくらい急かというと、横にダムがあってそのダムの上まで最短で上るよう設定された道でした(笑)。

    これがダムです。



    さらに道幅が狭く、人があまり通っていないため歩道がうっすら消えつつあり植物が歩道に侵食してきています。

    上り初めからハァハァと息切れしている私は恐る恐る質問をしました。

    私「こういう道が続くの?」

    友人「そうだね」

    私「え?そうすか。。。あのー、シート広げて休めそうなところってある?」

    友人「中腹くらいにあるよ」

    私「全部で何kmくらい?」

    友人「10kmくらいじゃないかな」

    私「そう。。。ってこれ登山じゃないですか!!」

    このルートは登り5km、下り5kmの列記としたハイキングコースでした。

    しかもかなり勾配がきつく、友人いわく「そういえば、以前行った御岳山のロックガーデンコースよりきついかも」

    こちらは物凄く甘いコースを想定していたのに、あの雨でずぶ濡れになりながら必死で巡ったロックガーデンコースよりきついってどういうこと?(笑)

    すれ違いって恐いですねー(笑)。

    ともかくも来てしまった以上そのまま帰るのは嫌だったので10kmのコースを行くことに。



    10kmなんてすぐに終わるだろうと思っていたのですが肉体的に疲れていたので想像以上に辛い・・。



    頂上付近までたどり着くと、「ここに敷けるんだよ」と促されたのが確かに平らで広くなった場所。

    念願のごろ寝だぁ〜とさっそくシートを敷いて寝転がることに・・・



    あやしいですね(笑)。というかここは道の一部です!

    迷惑千番ですね。どうやら癒しのスポットは幻だったみたいです^^;


    あきらめて10秒も経たないうちに起き上がって下ることに。。。


    下り始めてすぐ、左ひざが妙に痛くなり始め、途中からは曲げるだけで激痛が!



    杖を突きながら膝を極力曲げずに下山。

    さらにショートカットをしようと抜け道を選んだら、なんとジャングル状態。

    トゲのある植物に注意しながら必死で御岳山駅まで下山しました。(泣)


    身体が疲れているときは山は恐いです^_^;。

    唯一良かったのは人の少なさ。

    日本一人口密度が高い東京中野区にずっと住んでいる私はひと気がない所に行くだけで癒されます。

    高尾山も以前はよく行ったのですがミシュランに紹介されてから日本人はもちろん外国人の方も増えてあまり落ち着ける場所ではなくなってしまいました。

    今度、狙っているのは、長野の上高地です。

    周りに上高地にいった方が多いのですが誰もが絶賛しています。

    写真を見せていただいたら火が付きました。

    池には白樺が浸っていて、水面には背景の雪がかかった山々がまるで鏡のように映っています。これって「もののけ姫」のあの大鹿が登場するようなシーンそのものではないですか!

    自分の中で行ってみたい場所ランキングに急浮上です。


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM